その臭いはワキガかも…。 自己診断で簡単チェック

自分の臭いは、自分ではわかりにくいものです。友達や恋人と一緒にいるとき、ふと気になることはありませんか。自分はもしかしてワキガかもしれない、と悩んでいる人も少なからずいるでしょう。一度気になってしまうと、どんどん不安になってくる臭い問題ですが、まずはワキガかどうかを自己診断してみませんか。

 

ワキガは遺伝しやすいと言われています。片親がワキガの場合、遺伝する割合は50パーセント、両親ともにワキガの場合は80パーセントの割合で遺伝するのだとか。ワキガの両親がいる場合は、自身がワキガであるかも疑ってみるほうが良いでしょう。

 

耳垢でもチェックできます。湿ってベタベタしたタイプの耳垢の人は要注意です。ワキガの臭いのもとはアポクリン腺という分泌腺です。アポクリン腺はワキの下のほかにも耳の穴にも多く存在しています。湿っている耳垢の場合、耳の中にアポクリン腺が多いことを示しており、同時にワキの下にもアポクリン腺が多数あることが予想できます。

 

また、衣服のワキの辺りに黄色いシミができている場合も、アポクリン腺が多い可能性があります。汗を分泌する汗腺は二種類あり、アポクリン腺のほかにはエクリン腺という汗腺もあります。ここから出る汗は99パーセントが水で、シミも目立ちにくい点に反し、アポクリン腺からの汗には水のほかにタンパク質、脂肪酸、糖質などのさまざまな物質が含まれており、黄色いシミのもととなるのです。

 

ワキの毛が濃いかどうかも診断項目のひとつです。ワキの毛が多かったり、太かったりする場合は、アポクリン腺が多い可能性があります。ワキから汗が出やすい場合も、アポクリン腺が活発に働いている可能性もあります。ワキ汗が気になる、という人は、注意が必要かもしれません。

 

以上の項目に当てはまるようであれば、ワキガの可能性が高いですが、一番大切なことは医師の診察を受けることです。あやしいと思ったら、医師に相談してみましょう。適切な治療にもつながります。友達や恋人との付き合いにも影響がおよびかねないワキガ問題ですが、もし自分がワキガかもしれないと思ったら、自己チェックの後、医療機関を頼りましょう。

更新履歴